日々前進。

発達障害のむすこについての備忘録。

誕生日。

今日はわたしの39回目の誕生日です。

人間の出産ってすごくないですか?人の中から人が出てくんの。本能とかそういうの超えてたりするの。

わたしは、子どもを産むことに興味がありませんでした。むしろ、わたしなんかに子どもを育てられるのかという不安と、子どもという生き物に対しての恐怖感が強かった。

しかし、産んでみたら、むすこがクソ可愛い。

ありがたや~ありがたや~なエブリデイです。

気のきかない人間になる。

だいたい40年くらい生きてきて、特にここ20年位は、人と付き合ううえで“多少気のきく、きいた人間になりたいな~”なんて思っていた。まあ、全然気のきいた大人にはなれなかったのだけれど。

むすこと暮らしていると、気のきかない人になるくらいがちょうどいいのね、と思いまして。前に紹介をした本にも書いてあるし、子育てとはどこでも誰でもそういうもんかもしれないけど、わざわざブログに書くくらいにそう思った。

元々コミュニケーションが苦手だし、要求言語がでにくいむすこ。「かして」「ちょうだい」「てつだって」の言葉をひねりだしてもらうため、気のきかないめんどくさい人になるのです。

むすこが服を着る時に服の向きがわからない場合。わたしに助けを求めてくるのですが、それに対して「あれれれ?お母さんもわからないぞ?あれ?あれれれれ?」なんて更に服を裏返してみたりします。そしてむすこが「変になっちゃった」「(服の向きを直すことが)できない」「てつだって」の言葉が出せたら、それを直すのを手伝って、最終的に褒めまくります。毎回そこまでやらないけど、時間と気持ちに余裕があるときは、やる。

わたしが出掛けに忘れ物をしたとき。主にスマホなので取りに帰りたいけれど、一度玄関を出て、すぐに部屋に戻るなんてむすこは許してくれない。「おうちかえらないよ!おそとにいく!」と大号泣。でも、そんな泣いて暴れるむすこを抱っこして(ハトヤ状態)、ちゃんと確認せず家を出た数分前の自分を呪いつつも階段をね、あがるんです、4階まで…。それを何回か経験したらですね、わたしが忘れ物をしてしまったときに「かっかスマホわすれちゃったね」って言って、家に戻ってくれるようになったんです。しかも、忘れ物をしたわたしをちょっとからかう感じで。


毎日毎日、成長してるんだよな~。昨日のむすこをわたしは知らないレベルで。本当に凄いと思うのは、今のところ出来なくなったことはないということ。全部出来るようになってるんだよな。すごすぎる。

信号待ちの時に、むすこと手を繋いで青信号に変わるのを待っている時。しゃがんでむすこと目線を合わせたときに、あまりにも小さくてびっくりする。いろいろ求めたり比べたりするけどさ、産まれてからまだ5、6年?若すぎやしませんかーーー!本当に求めすぎだ。

わたしの6年後、生きていなきゃいけないけど、どんな人になってんだろ。がんばろ。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ

自分が見ている、知っているむすこが、むすこの全部ではないんだなあという話。

先日幼稚園の個人面談がありまして。先生はむすこと会話らしきものをしたことがないんだなあと改めて実感したのです。というのも、療育では言葉のやり取りがだいぶ出来るようになっていて(エコラリアもバンバン出ますが、これやりたい!◯先生と一緒に遊びたい!などを言えるようになってきた。助詞抜きですが)、おおー、わたしだからわかるニュアンス的会話ではなく、ちゃんと相手に伝わるやりとりが出来るんだなと感じることが多かったのです。ここ最近。

でもそれはやはり一対一でのコミュニケーションであって、年少年中年長の子どもたちを6人で見ている先生にはそんなペラペラと気持ちを話すむすこを見てもらうことは難しいのだなあと。

(先生たちはむすこの良いところ、努力しているところを、心底嬉しそうに話をしてくれる。天使なのかな~って思う。自分の子どもでさえ、こんにゃろ~!とか、はイライラうんざりすることが多々あるのに、他人の子どもなのに、一人一人を見なきゃいけないんだよな、すげーーー!本当に尊敬しております。 )

療育の先生に、幼稚園の先生はむすこが喋るのを殆ど聞いたことないみたいなんですよね~、とちょろっと言ったら、「!!!???そうなんですか???こんなに言葉を使ったコミュニケーションとれるようになったのに!」ってなっておりまして。

年長になるのを前に、わたしの離婚によって転園することになるむすこ。幼稚園の先生たちに、自分のしたい事、やりたくない事をはっきりと伝えたり、細かい指示をゲームみたいに楽しみながらこなすむすこを見せたかったなあ。多分感動してくれるんじゃないかなあ。


というわけで、とにかく、わたしが知ってるむすこは幼稚園にいるむすこじゃないっぽいし、療育で遊んでるむすことも違うんだなあ、そりゃそうだ、という話でした。

関係ないんですが、相変わらずむすこと離れている時間さみしくて困る。恋かよ。

文章書くのって難しいですね!

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ

褒めまくれて良かった。

日々やたらと褒められまくるむすこ。

出来て当たり前すぎて見落としがちな褒めポイントを見つけられる喜び。例えばジャンプできたとか、鉄棒にぶらりんとぶら下がった事とか、滑り台をひとりで滑ったとか、りんごが赤い果物だってわかった事とか。

毎日百回くらい褒めてる気がする。

超お得。

「何でできないの!」「何でわからないの?」と言うことも勿論ありますが、言った後の気分が最低なので、やっぱり褒めることを楽しんで頑張りたいと思う所存です。

あと、たまに誰かわたしの事も激しく褒めてくれ!と思う、人間だもの。

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ

登園しぶりの面倒くささ(親の都合的に)。

むすこは幼稚園は多分嫌いじゃない。けれど、登園はほぼ毎日渋りまくります。

起きてくれない、起きた瞬間から「幼稚園いかないよ!」と宣言。起きて、トイレに行って、ごはんを食べて、さあ着替え。の時に、服を着てくれない、靴を履いてくれない。最後の最後で崩れる事が多い。でも、突然幼稚園に行く気になって、ニコニコ登園することが多い。逆にずっと調子良かったのに園に着いてから号泣してしまうこともある。

それでも降園の時に先生に様子を聞くと、「すぐにニコニコしてましたよー」って。

そりゃよかった!でもわしの朝の苦労は!こんにゃろめ!

ってなります。いや、嬉しいんです、幼稚園で楽しく過ごしてくれるのは。

でも、わしの朝の苦労をわかってくださるか?くださるのか?くだされ?

ってなります。

会話ができないから、機嫌が悪いのは調子が悪いからなのか、単にご機嫌斜めなのか、甘えてるのか、わからないのもな~。



今朝のむすこは「ようちえんいかないよ!」と、ホットカーペットの下に潜りました。
f:id:watamomo:20170215192806j:plain


よ、よ、よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村

東京鉄児たちへのオススメスポット

混んでいると色々大変なので、そんなに混んでいない、もしくは広くて過ごしやすい場所を。

 

鉄道模型の聖地・ホビーセンターKATO

 建物の前にはどどーんと京急が鎮座。一階にはジオラマが走り、二階ではNゲージの運転体験もできます。土日祝日はかなり混雑しますが、平日は人も少なく過ごしやすい。でも土日祝日のほうが色々なNゲージの走行も見られるから興奮度は高い。ただ帰るのが結構大変な子もいると思われます、楽しくて。あと、トイレが良いです。清潔かつ手洗いが子どもでもしやすい高さ。気が利いてる~。

 

この近くにあるデリカクラシックというハムとソーセージのお店はオススメです。ソーセージおいしい、あと、コンビーフおいしい。

 

http://www.katomodels.com/hobbycenter/

ホビーセンターカトー

 

のんびり楽しむ青梅鉄道公園

JR青梅線青梅駅近くの公園。そんなに大きくないけれど、のんびり楽しめる公園。鉄道模型パノラマの、鉄道走行が子どもたちの興奮ポイント。0系新幹線やSLの車両も展示されていて、乗車できたりもするので嬉しい。そして、入園料安い!小学生以上100円!あ、お昼ごはんはお弁当を持っていくか、何か買っていくかしないと、園内では自動販売機くらいしかありません~。ご注意を。

 

http://www.ejrcf.or.jp/ome/

 

割りと長距離を走るミニ電車、川口グリーンセンター

川口駅まではよい、が、そこからの距離は結構あります。それでも、広いし、遊具充実、長い滑り台が数種類あってとても楽しい。そして一周5分くらいかかるミニ電車がよい。すぐ終わるのはつまらないから。でも一周して満足してくれるかなーと210円のチケットを買って乗ったはよいけれど、楽しくても一度乗りたいとせがまれ、むすこに貢ぐ質のわたしは…!回数券(三枚綴り510円)を買うことをオススメいたします。こちらは売店もあるのでもお弁当を作ったりしなくても大丈夫です。

 

 http://greencenter.1110city.com/

 

あとは、西武新宿線が見える落合公園東伏見公園も楽しい。無料だし!

 

 

 

 

好きなこと。

発達障害についてインターネットで検索するときはまず“気になる行動、表情、言動”について、だと思います。なので、ブログを始めようと思ったときに、最初にそんなところを書いてしまおうと思いました。

 

この先、どのタイミングでむすこの発達について疑問を持ったのか、療育に通い初めてからのこと、幼稚園に入園してからのこと、などを書こうと思う。

 

が!

 

今回はむすこの好きなこと。

 

好きなこと!

まずとにかく電車。起きてから寝るまでほとんど電車。電車のおかげで、カタカナ、ひらがな、漢字に数字を覚えたのではなかろうか。主に電車に関係のある言葉からだけれど、その熱い思いは素晴らしいと思う。電車を見るときのキラキラした眼差し、乗ったときのウキウキ感、超絶かわいい。

 

これからは時計を読めるようになったらいいな~、でも時刻表通りに来なかったら怒ったりしちゃうのかな~、でも切り替えが出来るようになってきたから平気かも!ドキドキ。

 

でもプラレールも開封動画仕込みの、箱から出す→じっとり眺める→元通りにしまう、のルーティンを愛しているから、レール組んだりはあまりしない。想像力~がんばれ~!